健康器具:低周波治療器の正しい活用法と効果


長時間固定された姿勢でパソコンやスマートフォンを使用したり、本などを見る時の首や肩を下げる習慣は首ヘルニアなどを誘発しますので、ストレッチなどで緊張した首の筋肉をリラックスさせる必要があります。 最近の健康器具としては低周波治療器が人気であります。 低周波治療健康器具は痛みを軽減する効果を利用してヘルニアの原因となる神経炎を緩和させ、有用な低周波の刺激で簡単かつ安全に使用することができます。 人間の体は生体電流という微弱な電流が発生しますが、健康が悪くなると生体電流が弱くなって流れが不安定になります。 その時に生体電流を適度に刺激すると、代謝と血液循環が改善される効果を得ることができます。 低周波治療器は身体に適切な強さと速さで刺激を調節し、腕や足、肩、腰の筋肉痛をはじめ、身体すべての部位の凝りや痛みを和らげてくれます。 低周波治療健康器具を使用する時には、筋肉が痛くなるほど基準以上の強度で使用することは避けるようにします。 また、長時間同じ部位に使用すると疲労感を感じるようになり、かえって効果を減少させることがありますので注意が必要です。 低周波パッドは消耗品ですので新しいパッドを購入する必要がありますが、パッドを使用する時に付着部位をきれいにふき取ってから使用するとパッドを長く使用することができます。 低周波の刺激は食後1時間以上経過した後に使用することが望ましく、空腹時には使用しないようにします。